上海でホームページを作るのは大変なようです。

2014/05/30
社長ブログ

先日上海から弊社パートナー会社のHLカンパニーの小西が日本に来ていたのでうちの社員ら皆とランチに行きました。

小西が来ると必ず一度は行きたがる回転すしに行ってきました。小西は先日子供が生まれたばかりで今回の日本訪問は半分の目的は子供用の色々な用品を買うためらしく、ホテルも赤ちゃん本舗近くにしてとても気合が入っていました。

ランチ中だったかその後だったか小西から聞いた中国市場の話はなんだかとても納得がいくものでした。彼いわく、「日本ではいいものを安く売って儲けようとするだろう。でも中国では悪いものを高く売って儲けようとするのが人もいっぱいいるよ」ということでした。確かにそれでは日本人が中国でやっていくのは大変だろうなと思いました。

彼との話は採用の話(毎週何十人も面接をするが、応募者のの3割が面接に来ない、全くウェブ技術がない人でも不当な給与を要求する等)から営業の話まで色々と勉強になりました。安定した人材があまりいないのであれば、ウェブ・ホームページ制作業界においても中国で良い制作会社を見つけるのはとても大変だろうなと感じました。

日本企業としては社運をかけて中国進出を行っていて、本業でも色々と商習慣などが違う中苦戦を強いられるのに、営業をバックアップするべきホームページの作成でも苦労をしなくてはいけないなんて不幸です。

弊社がお手伝いすることによって少しでもそんな不幸が減ればいいなぁと思いました。上海・中国市場向けウェブサイト制作サービスやってます。

上海オフィス

上海の事務所の前に立つ小西

最適なソリューションをご提案します。

アロハワークスではお客様の立場から規模、予算、拡張性などを考慮し、お手伝いできる分野について無料でご提案いたします。お困りの点について、まずは一度ご相談ください。