Firefoxのシェアが着実に伸びているようです!

2008/01/30
社長ブログ

欧州の各国ではFirefoxのシェアが着実に伸びていてフィンランドでは45%にもなっているらしい。 (http://wiredvision.jp/news/200801/2008012919.html

私の周りには(制作側はもちろん除くとして)Firefoxが何の事だか分からない人もたくさんいらっしゃるので簡単に説明すると、Firefoxとはウェブサイトを閲覧するソフト、いわゆるブラウザと呼ばれるものです。

マーケットシェア1位は勿論Windowsに標準で導入されているIE(インターネットエクスプローラ)で、2位であるFirefoxはこれまでは日本でのシェアが数%しかないと言われていました。 そのFirefoxのシェアが欧州ではどんどん伸びているというのでその伸び率にびっくりしました。

フランスのインターネット・トラフィック分析会社XiTi Monitor社が発表した新しいデータによると、2007年にFirefoxは、複数の国でポイントを数パーセント伸ばしたという。Firefoxが最も愛用されている国はフィンランドで、シェアは45%になる。ポーランド、スロベニア、ハンガリーも40%台だ。これらの北欧、東欧諸国を除く西欧諸国の中ではドイツがトップで、シェアは34%。

日本でももしかしたら20%位になっているのかな。また別の機会に調べてみます。

でもFirefoxがウェブ制作をする上で無視することができない存在というか、メインになるかもしれない存在になったことは確実ですね。

最適なソリューションをご提案します。

アロハワークスではお客様の立場から規模、予算、拡張性などを考慮し、お手伝いできる分野について無料でご提案いたします。お困りの点について、まずは一度ご相談ください。